男性!薄毛予防 入浴

2020/6/5修正して更新

 

薄毛に悩む多くの人が、その進行を促してしまう「間違った入浴方法」を、していることをご存知でしょうか?

 

間違った入浴方法をすることで、自ら薄毛を進行させてしまっているのです。

 

間違った入浴方法とは?

 

 

シャワーだけは×

 

シャワーだけで、お風呂に入らないという方は、なるべく湯船に浸かるようにしましょう。

 

温かいお風呂にゆっくり浸かることで、血行促進・リラックス効果があり、薄毛の原因とも言われる「ストレス」を解消することができます。

 

また、身体を温めることにより、女性ホルモンの分泌を促すこともできます。

 

さらに、シャワーだけでは身体の表面しか温めることができず、内側まで温まらないため、すぐに身体が冷えてしまいます。

 

⇒低体温を改善する風呂と入浴法

 

朝シャンも×

 

朝シャンすることで、夜に分泌された頭皮の「皮脂」が洗い流されてしまいます。

 

この「皮脂」は、日中の紫外線等の外からの刺激を防ぐ効果と頭皮を乾燥させないようにする働きもあります

 

しかし、朝にシャンプーをすることで、ほとんどの「皮脂」が洗い落とされてしまいます。

 

また、落ちてしまった「皮脂」を補うために、過剰分泌してしまう可能性もあります。

 

過剰分泌することにより、頭皮の臭いの原因になったり、カビ等の細菌の繁殖も招いてしまいます。

 

この理由から、シャンプーは夜に一回だけが適切です。

 

寝癖直しのために、毎朝シャワーを浴びている方は、シャンプーを使用せず頭皮に軽くお湯を当てる程度にして「皮脂」を落としすぎないようにしましょう。

 

薄毛予防に最適な入浴方法

 

 

1.お風呂の温度

 

「39〜40度」が薄毛予防に最適な温度。

 

また、お風呂には必ず15分以上入るようにすることが適切です。

 

長く浸かることにより、汗をかき代謝も良くなり、「血行促進」にもつながり、髪の毛の成長に必要な栄養素を、頭皮に届けることができるようになります。

 

2.入浴後はしっかり汗を流す

 

お風呂にゆっくり浸かった後は、シャワーでしっかりと汗を流すことが大切です。

 

汗はカビ等の細菌が繁殖しやすく、特に肌が弱い人は放置していると、薄毛や抜け毛だけではなく、かゆみや炎症等の原因にもなってしまいます。

 

もっと詳しく知りたい方は、AGA専門クリニックがオススメです。

 

⇒無料相談可能!aga治療 費用 相場