縮毛矯正後シャンプー・トリートメント

2020/6/5修正して更新

 

市販縮毛矯正キット

 

ヘアサロンと同様、髪内部を壊す製品を塗った後、ヘアアイロンで髪をストレートにし、その後2製品を塗る縮毛矯正キットが市販されています。

 

ヘアサロン施術よりもコスパは良いのですが・・・・

 

いくつかの注意点があります。

 

自宅の湿度

自宅で縮毛矯正を行う場合は、湿度の低い晴れた日を選ぶ必要があります。

 

⇒湿気の多い日は、くせ毛が出やすいため髪を真っ直ぐにするのが難しい

 

縮毛矯正サロンであれば湿度管理は徹底されています。

 

放置時間

市販の縮毛矯正キットは薬剤を塗ってからの放置時間が記載されています。

 

放置時間が過ぎたら、くせ毛が柔かくなったかチェックする必要があります。

 

⇒同じ薬剤でも髪質により放置時間が変化するので見極めるのが難しい

 

縮毛矯正サロンでも髪質による放置時間の見極めは難しい。

 

ヘアアイロン

ヘアアイロンを使うポイントは温度と時間。

 

⇒高温でヘアアイロンをかけると、時間をかけるほど髪のダメージが増えたり、濡れた状態だと髪がチリチリになったりします。

 

縮毛矯正サロンなら心配無用。

 

上記のことから、市販縮毛矯正キットによる自宅での施術はリスクが高すぎます。

 

美容師間でも縮毛矯正は難しいとされています

 

縮毛矯正サロンでは、施術前にカウンセリングを行い髪質・くせ毛状態・ダメージなどを確認し最適な薬剤を選んでから施術します。

 

そして髪の状態を確認しながら、縮毛矯正の施術を行うのです。

 

縮毛矯正後のシャンプー・トリートメント

 

縮毛矯正後の市販シャンプー・トリートメントも色々な製品がありますが・・・・

 

市販されている縮毛矯正後のシャンプー・トリートメントは、全ての髪質に合わせて作られているため、髪質に合わなかったりするとトラブルの原因になります。

 

縮毛矯正したサロンで購入するか、施術した美容師のオススメ製品を使うと安全です。

 

全国の縮毛矯正 ヘアサロン検索できます

縮毛矯正 ヘアサロン検索